歯の違和感を感じた時に最適な処置の方法とは

>

最初に歯の違和感が出る原因について確認しましょう

睡眠不足は注意

睡眠不足により、ストレスとして身体に現れる可能性があります。歯ぎしりや頭痛も症状の1つなので、放置をしても歯へのダメージを与える原因となりかねません。

コーヒーのようなカフェイン飲料の摂取を良くする人は、睡眠不足のリスクを高めます。効果として6時間程度続くという情報も。可能であれば、ハーブティーやお茶のようなカフェインが少ない飲料を試してみるのも良いかもしれません。

夜中に目覚めやすい人は、寝る前に飲食をする人が少なくないようです。身体が飲食物を消化するのにエネルギーを働かせている分、眠りが浅くなる傾向。寝る2から3時間前の飲食は控えるのはいかがでしょうか。他に、頻尿で目覚める人は、体内の水分と電解質のバランスが乱れているかもしれません。寝る前に少量の塩を入れた水を飲むことで、改善が図れる可能性があります。

あくまでも一例ですが、歯の違和感解消の目的で試してみるのはいかがでしょうか。

他に歯の違和感改善するためにできること

歯の違和感が起きる原因としてストレスであれば、ガムを噛んでリラックスをするのも1つの方法。特にキシリトール100パーセントなら、唾液分泌や歯の強化を図れて、虫歯や歯周病予防の観点でもプラスに作用するのが見込まれ、噛む時間の目安は1粒当たり5から10分で良し。特に仕事や生活でストレスを感じた時、試してみるのは良いかもしれません。

応急処置のレベルであれば、患部を冷水タオルで冷やすのもアリ。一時的に血流の流れを抑制して、痛み解消ができるのが見込めます。ただし、特に血流の流れが良い入浴後やアルコール摂取後に行うのは控えましょう。また、氷タオルで冷やすと刺激が強くなりすぎて、却ってマイナスの効果を与えかねません。

各種対策をしたうえで、症状が重くならないように、できるだけ早く歯科医の診察を受けるのをオススメします。


この記事をシェアする