歯の違和感を感じた時に最適な処置の方法とは

>

各種放置をしてもメリット無し

ストレスの放置は危険

歯の違和感が出る原因の1つに精神的ストレスがあり、非定型歯痛の症状として出ます。症状が出る流れは、ストレスが出ることでホルモンの一種であるカテコールアミンが血液中に増えてしまい、痛み発症を起こします。また、ストレスと一緒に生活習慣の乱れやビタミンB不足があれば、口内炎も引き起こすかもしれません。

栄養バランスが取れた食事をすることや規則正しい生活を過ごし、ストレス緩和を図るのが大事です。1つの方法としてガムを噛んでリラックスするのがオススメ。唾液分泌の促進により副交感神経が優位になり、ストレスや不安軽減が見込めます。ちなみに睡眠時も副交感神経が主に作用しています。また、ガムを噛む際、キシリトールのガムだと虫歯予防や歯の再石灰化効果が得られるでしょう。

歯の違和感が出た時は、生活場面でのストレス緩和をしたうえで、早めに歯医者への通院をしましょう。長い目で見ると、歯の健康維持ができます。

身体の不調放置も危険

歯の違和感と一緒に心臓や頭の痛みが出た場合も、放置をすると健康面でマイナスとなりかねません。心臓の病気だと心筋梗塞、頭痛だと脳血管へのダメージが生じる可能性が出ます。

各種症状が出た時、歯医者や内科への通院や症状に合った服薬をするのは大事ですが、一度生活習慣の見直しをしてください。食生活の乱れや不規則な生活が続いている時は、できる所から改善を目指すのはいかがでしょうか。

食生活の乱れを改善する方法として、プチ断食があります。週に1度で良いので、野菜ジュースやおかゆだけの生活をする方法です。内蔵を休ませることで、機能回復に繋がるかもしれません。不規則な生活が続いている人は、睡眠時間を確保する所から始めましょう。空いた時間を使って軽く運動するだけで、ストレス緩和になり睡眠をしやすくなるのが期待できます。


この記事をシェアする